タグ:トルコ ( 7 ) タグの人気記事
TOPへ戻る
トルコの旅も終盤です
トルコの旅もイスタンブールを出発してトロイ チャナッカレ イズミールからカッパドキア そしてアンカラからイスタンブールへと戻って来ました。
イスタンブールはボスボラス海峡を挟んでヨーロッパとアジアの交わる都市で西洋と東洋を混ぜ合わせたような不思議な魅力の街です。

e0037391_21595797.jpgブルーモスク
17世紀の初めにトルコ帝国が栄華を誇っていた頃に建てられたイスラム教寺院 トルコ建築のきわみといわれている。
この建物の正式名は「スルタン・アフメット・ジャミィ」というのですが、内部装飾に使われているイズニック産のブルーのタイルが美しくヨーロッパ人から「ブルーモスク」と呼ばれてその名が愛称になったそうです。 ここでは1日6回の礼拝が行われてますので、礼拝の行われていない時間に観光客に解放されてます。

e0037391_221511.jpg

アヤ・ソフィヤ

直径約30m高さ54mの巨大ドームが中央に聳えたつビサンチン建築の大聖堂。
ローマ帝国時代にキリスト教会として建てられましたが、第4次十字軍やオスマン・トルコ軍により略奪 翻弄された歴史がある様ですが私達は入室いたしませんでした。

e0037391_2221391.jpgトプカ宮殿
15世紀にイスタンブールを征服したメフメット2世が建築1839年まで歴代のサルタンが居住してました。
高大な敷地内は4つの庭園エリアに分かれてそれを取り囲む建物は現在はオスマン時代の遺物の博物館になっています。 世界で5番目に大きいスプーン型のダイヤモンドが燦然と輝いてましたが残念ながら撮影禁止でした。

e0037391_223471.jpg

地下宮殿

イェレバタン貯水池 ローマ帝国時代から造られた大地下貯水池 水道橋から引いた水はここに蓄えられ、トプカ宮殿にも供給されていました。
内部は360本の柱で支えられ、特に土台がメドゥサの逆さの顔が彫られたものが有名です。
なんの魚でしょうか? 魚も泳いでおりました。





クリックすると動画へ飛びます
外枠で立ち上がるのは開くまで少々時間が
かかるようですので同じ画像をYouTubeでUPしてみます



クリックすると画像が出ます

トルコに 一緒に付き合って頂き、ご覧下さいまして有難うございました。

by ki-ko15 | 2007-04-29 00:04 | 旅行 | Trackback | Comments(22) TOPへ戻る
愉快なアイスクリーム屋さん
e0037391_19195922.jpgトルコのイスタンブールの<グランドバザール>

何でも揃うショッピング天国です。4千件以上ものお店が並ぶイスタンブール最大のマーケットです。
イスタンブールにしては値段が観光客用に高くなってますので、「値引きを楽しんで!」とガイドさんの説明がありました。
しかし 買い物時間も短く、広すぎて迷子になりそうです。それで この入り口付近のアイスクリーム屋の愉快なオジサンとの掛け合いを楽しみました。

e0037391_19215155.jpgこのアイスクリームは最初は「飴」か「餅」でも造ってるのかと思いましたら、「のびるアイスクリーム」なのです。 
これはトルコ名物になってまして、↑の様に餅のようにのばして見せて お客さんを呼び込んでいます。
 
のびる秘密はヤギのミルクにラン科の植物の根を乾燥させて加えるとこのようにのびるのですって。
 
味は濃厚で直ぐに溶けてしまわず美味しかったです。
どんな味かって?・・・・・・マシュマロのようにチョッと歯ごたえのあるようなアイスクリームでした。
トルコのお金で3リラ US$で2ドル 日本円で250円





(矢印)をクリックしてね


by ki-ko15 | 2007-04-25 22:51 | 旅行 | Trackback | Comments(24) TOPへ戻る
カッパドキアの奇岩
高原地帯に ニョキニョキと顔を出すキノコ岩
300万年前エルジェス山とハッサン山 (富士山に似ている)の巨大な噴火により熱い溶岩流は硬い岩に、そして 溶岩を含んだ軟らかい石、灰、泥などが交互に重なっり、風や雨によって このもろい岩が浸食されて、円錐形やキノコ型の岩、穴の開いた渓谷など壮観で現実離れした風景が出来上がりました。そして何時からか人が住み始め、高原の軟らかい岩盤に数十mに及ぶ地下都市をを掘りました。
そして キリスト教徒は迫害にあった6世紀頃 この地の洞窟の中に数多くの洞窟教会を造って信仰を守ったそうです。

クリックすると動画へ飛びます

クリックすると画像が出ます



by ki-ko15 | 2007-04-23 20:40 | 旅行 | Trackback | Comments(19) TOPへ戻る
民族舞踊とベリーダンスは如何!!
e0037391_21453135.jpg洞窟のレストランでの 民族舞踊と美女がからだをくねらせて踊るベリーダンスです。

エジプト古来の踊りに、トルコのハーレムの匂いを添えたもののようですね。
アラブ独特のリズムとムードに、しばし時の立つのも忘れるほどでした。

終わるとお客さんも一緒になって踊るという賑やかさでした。

e0037391_21465017.jpg

クリックすると動画へ飛びます



クリックすると動画になります

by ki-ko15 | 2007-04-21 21:47 | 旅行 | Trackback | Comments(24) TOPへ戻る
トルコ風呂の原型?
<バムッカレ>とはトルコ語で「絹の城」の意味なそうです。
豊富なカルシュウムと二酸化炭素を含んだ温泉が地表を流れ落ちる時、石灰質のみが崖に残り、一面真っ白い石灰棚になってます。 チョッと見ると雪氷のように見えます。
前は腰まできていたお湯もこの頃では、足湯程度の深さで湯量が減ってきてるとのこと。
実際にはだしになって歩きましたが、浅いところはぬるく、深いほうは適温なのですが,
滑りやすいので、チョッと足を入れただけでした。
この様な光景は、この地だけでしか見られないものだと感激いたしました。
トルコ風呂で有名な(^_-)-☆トルコは 温泉が出ますので、どこのホテルも温泉プールが備え付けられておりました。


クリックすると動画へ飛びます



クリックすると画像が出ます

by ki-ko15 | 2007-04-20 23:04 | 旅行 | Trackback | Comments(16) TOPへ戻る
トルコの古代遺跡群
東洋と西洋の出会う街 トルコ。
一寸 日本にはない風景に出会えるかと思って行って見ました。長い飛行は体力的には自信がないのですが、行き帰り シンガポールで一日過せました。
行けば行ったでどうにかなるものです。
イスタンブールからフェリーでダーダネル海峡を通ってヨーロッパからアジアの地に渡ったりの経験をしてきました。
世界最大級の遺跡群でエフェソス遺跡です。紀元前2000年から始まった都市でしたが、紀元後2世紀後辺りから 衰退していったそうです。 見学してますと古代人にタイムスリップするようでした。
BGMはトルコの音楽のCDを見つけてきましたが、やはり エキゾチックですね 
 
クリックすると動画へ飛びます



クリックすると画像が出ます

by ki-ko15 | 2007-04-19 21:22 | 旅行 | Trackback | Comments(14) TOPへ戻る
トルコのサクラ

ご無沙汰致しておりましたのに、訪問くださって有難うございました。
ボ~~ッとトルコの街を巡って参りました。紀元前11世紀の遺跡を見学いたしましたが、気の遠くなるような歴史に埋没されたような気が致しました。
先ほどから、デジカメの写真を見ましたが、写した数が多いのに、片手持ちで歩きながらの撮影では、思うような画像がありませんでした。

日本列島 どこまで桜前線が北上したのでしょうか?
 
トルコのカッパドギアにもサクラが咲いておりましたよ。ポツン ポツンと1本ずつ 静かに咲いておりました
でも 桜の花は 日本で見るのが一番ですね。
e0037391_22291048.jpg

by ki-ko15 | 2007-04-18 22:35 | 旅行 | Trackback | Comments(13) TOPへ戻る