写真展を見学

友達に誘われて筑後船子屋と云う なんだかお料理屋さんの名前のような駅前に有る
文化会館で「ロバート・キャパ」の写真展を見学してきました。
戦場写真家として悲惨さのなかにも、人間味溢れる画像の数々に思わず引き込まれ
感動してきました。

e0037391_21372054.jpg

ドイツ軍から解放されて、フランスには平和が訪れ、すぐさま子供は戦車に上って
鼻をほじくるしぐさなどから、本当に平和の有難さが伝わってきますね。

それにしても立派な施設で ここを利用できる方はお幸せです。

駅前には「からくり時計」などもあり、私も動画で寫したと思ったのに、残念ながら動画が作動していなかったという失敗もありましたが、とても有意義な一日を過ごしてきました。



鹿児島本線の「船子屋」という駅に初めて降りました。新幹線の駅と並んでまして見たところ人家がありませんでした。すぐ目の前に筑後広域公園文化交流施設の「九州芸文館」があります
by ki-ko15 | 2014-09-03 21:38 | 見学 | Trackback | Comments(12) TOPへ戻る
トラックバックURL : https://kiko15.exblog.jp/tb/22355784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by asakura211 at 2014-09-03 23:00
キャパ!あの崩れ落ちる戦士(兵士?)!他説もあるようだったりしますが…【船小屋】に!
雑誌に長く連載されていましたので作品に接してみたいです。
さて料理屋さんのような名前とは…笑 
そして ki-ko15 さんのカルチャーのアンテナって本当にすごいですね リスペクトしております。 
ここにその内 西戸崎のソフトバンクの若者が引っ越しされ賑やかになるのでしょうね!
~15日まで!行って観たいな~です。
Commented by sutoonn3 at 2014-09-04 11:07
こんにちは
報道写真家として、戦場を駆け巡ったロバート・キャパの写真は戦争の悲惨を感じ今の平和な生活を感謝せずにはおられませんね。

10年前福岡アジア美術館に没後50年のキャパの写真展がありました。ki-koさまのお陰で、思い出して写真集を探し出しました。
心打たれる写真ばかりです。

鬱陶しい毎日の天気に、行ったことのない所の風景に心まで広々となりそうです。
有難うございます。
Commented by komiti15 at 2014-09-04 12:56
モノクロ写真が古い歴史を思わせますね。
戦争を知らない人達が溢れる時代になっても
悲惨な戦争に踏みじられた若者の人生を思うと怖いです。
戦争から一変して解放された瞬間の様子が
よく伝わる写真に人の気持が良く表現されているような
気が致します。

Commented by ki-ko15 at 2014-09-04 17:46
asakura211様
報道写真家の伝説と化した方のようですが、あのスペイン前線での「崩れ落ちる兵士」も
確かにピンボケ云々と申しますが、戦争真っ只中での撮影で偶然とは申せ、ピンボケが
また リアル感があって圧巻でした。

お天気状態を見てぜひお出掛けになってください。
キャバってイブモンタンににて素敵な男性でしたよ。
Commented by ki-ko15 at 2014-09-04 17:50
sutoonn3様
何時だったか福岡で開催されていたのに行けなかった悔しさが残ってました。
10年前でしたか 月日の過ぎるのは早いですね~
5~60年前の白黒写真でもセピア色になることも無く今日寫してきたような
リアル感がありました。

行く前から九州芸文館が立派だと聞いてましたし、駅前にちょっと変わった
からくり時計があるとのことでコンデジ持参で行きましたが、からくり時計の動画は
失敗で終わりました。

それにしても駅前がこんなに広々としているところも珍しいですよね。

Commented by ki-ko15 at 2014-09-04 17:56
komiti15様
モノクロ写真でもあまり古さを感じないで、いろいろ想像を掻き立てられ
逆にカラーだったら生々しいかなと思ってしまいます。
親子で、緊張し恐怖のまなざしで空を見上げている様子を見ると、
今 今 遠くの国で戦闘態勢あり、悲惨な光景が放映されてますが、
何時になったら終結できるのでしょうね。

平和になれば戦場写真家は失業するということですが、今でも戦争が絶えなくて失業がないと自虐的に書いた方がおりますけど
Commented by nisi1612000 at 2014-09-05 13:46
こんにちは
>「ロバート・キャパ」の写真展
悲惨さのなかにも、人間味溢れる画像の数々・・・<
素晴らしい写真展で、感動されたのですね。
今でも、他国での戦闘態勢のニュースをテレビで見るたびに、心が痛みますね。終結を願っています。

船子屋駅は、聞いたことありますが下車したことも無く、九州芸文館も初めて知りました。
ゆっくりと画像を楽しませて頂き、有難うございました。
Commented by ki-ko15 at 2014-09-05 22:49
nisi1612000様
こんばんは

一度 彼の写真を見たいと願ってましたので、友達から誘われて、喜び勇んで
鹿児島本線の「船子屋」という駅に、はるばる行ってみました。
写真展は感激いたしましたが、人もまばらな処になんと立派な駅!!
新幹線と在来線が隣合わせに並んでました。
人家もまばらなところに~と思ってしまいましたわ。 
昔 批判されていた「岐阜羽嶋駅」のような・・・・・
Commented by d9yakiko3 at 2014-09-07 22:52
危険との隣合わせの写真リアルさの中にも本当に
人間味が感じられます。

あちらこちらで紛争があっておりますが、早く戦争のない平和の時代になってほしいですね。
イスラエルに旅行したとき谷底に戦車が錆びたまま
ほかってあるのを思い出しました。
日本では考えられない光景に驚かされました。
Commented by ki-ko15 at 2014-09-08 10:29
こんにちは
昨夜の遅い時間に、そして今朝の早い時間に失礼いたしました。

何時まで経っても戦争って終わらないですよね~
平和に見えていても、後ろには暗い闇が付まっとっているようで不穏です。

イスラエル旅行をなさったので実際にご覧になった谷底に戦車など・・・・・
あちらの領土問題や宗教は私の単細胞では、とても理解できかねますが、
それに比較して日本は見た目 自由があって幸せですよね。
Commented by nisi1612000 at 2014-09-10 19:33
こんばんは
朝夕は秋の気配を感じますね。
お元気でしょうか?

中秋の名月・・・今年は如何でしたか?
カメラに撮り込まれたのでは・・・とお伺いしました。

私はベランダから挑戦したのですが、マンションが
邪魔?・・・まったく観れませんでした。(-_-;)
残念でしたので、お月様を、ちょっとお借りして・・・

又、ご一緒出来る日を楽しみに・・・(^^♪
Commented by ki-ko15 at 2014-09-10 23:47
nisi1612000様
こんばんは
お彼岸が来る前に、秋らしくなってきましたね。

中秋の名月ですか  相変わらず草加煎餅の焼き損じのようなお月様を
量産いたしましたわよ

エ~ェ~ッ お月様のリース?
お月様を貸し出すのですか それはラッキーですね。

これからリースされたお月様を拝みにまいりましょう
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<<  今年もお米は豊作かしら ホテルの部屋から地獄を見た(*... >>